防犯対策に最適な鍵の種類

空き巣犯に狙われないように防犯性の高い鍵に交換したい場合は、どのようなものがあるのか調べておいた方が良いでしょう。さまざまな鍵の種類があり、それぞれの特徴や効果が異なります。そのため、鍵の種類を把握したうえで、空き巣犯から狙われないキーを見つけましょう。

鍵の種類

ピンタンブラー錠
ピンタンブラー錠は、一列に並んだタンブラーがピン状になっていて、鍵の刻みが一列になっています。このタイプの鍵は一般的に良く見るタイプの種類になります。ピンの形によっては改良されているものが多く、万が一ピッキングされても構造が開けにくくなっているため安心です。
ディンプルシリンダー錠
ディンプルシリンダー錠は、ピンシリンダーより複雑な作りになっているタイプになります。この鍵は、複雑な作りになっているので、ピッキングされても簡単に開くことはありません。この鍵は主に新しい戸建て住宅やマンションに取り付けられています。
マグネットタンブラーシリンダー錠
マグネットタンブラーシリンダー錠は、鍵の側面にマグネットを埋め込んだタイプのものになります。磁石が入っていて、タンブラーと鍵表面が反発し合って、鍵の内筒が回転するようになっている仕組みになります。この鍵は、普通のピッキング手口で100%開けられることはありません。

防犯対策として高い電子錠

ピッキング

空き巣に入られないために防犯対策のために鍵交換を行なうことで、空き巣犯の侵入を防ぐことができます。空き巣対策をするために鍵交換をするなら、防犯性が高いものに取り付けたいと希望される人もいます。鍵には色々種類があって防犯対策ができるタイプもあります。ですが、鍵穴がある時点で完全に空き巣犯が家に侵入しないということはありません。空き巣犯の手口も巧妙になっており鍵を開けられてしまうこともあります。それを防ぐためにも電子錠タイプのものを設置しましょう。電子錠は鍵穴がなく、解錠方法は指紋認証やICカード、暗証番号のタイプに分かれています。このタイプであれば、特殊なピッキングで開けられることはありません。

TOPボタン