鍵紛失したことで考えられるトラブル

鍵

自分や家族が鍵紛失した場合は、合鍵で対応している人が多いです。合鍵があれば自宅の鍵を開け閉めできます。しかし、鍵紛失トラブルに対して何もせずにそのままにしておくと空き巣被害などのトラブルに発展してしまう可能性も十分に考えることができます。ここでは鍵紛失したことで考えられるトラブルを紹介します。

泥棒に狙われる可能性アリ

鍵紛失した場合は警察に届け出を出していても見つからないケースは多くあります。誰にも見つけられていない場合であれば特に心配することはありませんが、誰かに拾われて悪用されることもあります。自宅に空き巣が入ってしまい通帳やへそくり、宝石、形見、思い出の品物などが盗まれてしまいます。また、空き巣に入られると必ずしも部屋が散乱しているというわけではありません。少しずつ気づかれないように貴重品を盗んでいく手口もあります。鍵紛失トラブルを甘く見ていると痛い目を見ることになるので注意しましょう。

鍵紛失トラブルの弊害~自宅がバレてしまう!?~

鍵に住所を書いていないのに、どうして空き巣に狙われるの?
鍵紛失トラブルの際に、住所や名前など書いていないのに何で家が特定されてしまうの?と思われる方もいます。空き巣犯でも鍵だけを見て持ち主の家を特定することはできません。ですが、鍵の置き忘れや鍵を落とした時に、空き巣犯が鍵ではなく持ち主の顔を見ていることもあります。そのため、空き巣犯に顔を覚えられてしまうと、毎日のライフスタイルを把握されてしまい、空き巣犯に自宅が狙われてしまうこともあります。

鍵交換するなら専門業者で対応してもらおう

鍵紛失してしまい見つからない場合は、鍵交換をしておいた方が良いでしょう。顔を覚えられて家を特定された場合でも、鍵を交換していれば家に入られる確率は低いといえます。防犯対策をするためにも、鍵交換を行なってくれる業者に依頼しましょう。

鍵業者の選び方

会社の情報があるか
鍵交換を行なっている業者を選ぶ際には、会社の情報がしっかり掲載されているかチェックしておきましょう。会社の名前や住所、従業員数、実績などの情報をちゃんと公表しているか確認することが大事です。業者によっては情報が詳しく掲載されていないところもあるので、そのようなところは避けた方が良いでしょう。
保証があるか
鍵紛失や鍵修理などで鍵交換を依頼する場合、保証がついているか確認しましょう。交換や鍵修理を行なった後に不具合が起きることがあります。そのため、決められている期間や保証のサポートがあれば、無償で鍵を直してもらうことができます。万が一のことを考えて鍵の修理を行なう際には、保証がついている業者に依頼しましょう。
サービス内容の確認
鍵交換や鍵修理を依頼した際は、鍵の状況や鍵の種類を調べる必要があります。しかし、自分で調べなくても業者が出張サービスを行ない、鍵の調査をしてくれるので利用してみるとよいです。その際には、出張料として料金が発生するか予め調べておいた方が良いでしょう。

鍵交換をした人の声

信頼できる業者さんだなと思いました(40代/女性/家政婦)

買い物に行って帰ってきたら鍵をどこかに落としてしまいどこを探しても見つかりませんでした。開錠を依頼しようと連絡をしたのですが、紛失したものは悪用されてしまうリスクを教えてもらい、鍵交換を行なうことにしました。信頼できる業者さんにお願いをして良かったなと思いました。

また何かあったら利用したいです(40代/男性/会社員)

近所で空き巣被害に遭われた方がいて、犯人も捕まっていなかったため、家族や家を守るために鍵交換を依頼しました。電話で問い合わせた時には、鍵について丁寧に説明してもらい、防犯性の高い種類のものに取り換えてもらいました。現場のスタッフも鍵交換だけでなく、防犯のことを色々教えてもらいました。また、何かあれば利用したいです。

アドバイスしてもらえました(20代/女性/学生)

鍵を紛失していていたので合鍵で開けようとしたら、合鍵までもなくなっていました。それでパニックになってしまいましたが、親に相談したところすぐに専門業者さんに連絡をしなさい。と言われたので、その場で連絡をしました。その際に、鍵の複製より鍵の交換の方が防犯に効果的だと言われて、そのまま鍵交換をすることにしました。

工事も迅速で行なってもらえた(50代/男性/自営業)

先日鍵を失くしてしまいました。スペアキーがあったのでそれで対応していたのですが、妻に悪用されることがあるっていう話を聞き不安になったので、鍵の交換をすることに決めました。工事を迅速に行なってもらえたのでありがたかったです。

TOPボタン